強い台風13号は4日午後3時現在、沖縄県石垣島の南南東約230キロメートルにあり、発達しながらゆっくりと北東へ進んでいる。沖縄気象台によると、5日朝に先島諸島、夜遅くにも久米島が暴風となる見込み。5日夕方に最接近する宮古島地方では最大瞬間風速が60メートルとなるほか、長時間の暴風に注意が必要。進路によっては5日から6日にかけて沖縄本島全域も暴風となる可能性がある。先島諸島は4日夜から6日にかけて、沖縄本島は6日に警報級の大雨となるおそれ。

台風13号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)

台風の進路予想図(気象庁HPより)

台風13号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より) 台風の進路予想図(気象庁HPより)

 台風の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から90キロ以内は25メートル以上の暴風域。半径東側330キロ以内と西側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 沖縄本島と久米島への台風最接近は6日未明から明け方の予想。6日午後3時までの24時間雨量はそれぞれ100~200ミリを予測している。先島諸島は4日から、沖縄本島地方は5日から大しけとなる見込みで、沖縄気象台は高潮にも注意を呼び掛けている。

 提供:台風13号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)