非常に強い台風13号は5日正午現在、宮古島の南約30キロにあり、勢力を維持しながら時速15キロで北に進んでいる。暴風となっている宮古島市では、午後0時22分に宮古島空港で同地点の観測史上2番目となる61・2メートルの最大瞬間風速を観測。同15分には市平良下里で59・6メートルを観測した。先島諸島には引き続き暴風警報が発令され、宮古島市、多良間村、石垣市全域には避難準備も発表されている。午後0時28分には、久米島町にも暴風警報が発表された。

台風13号の影響で暴風雨にみまわれる宮古島市内=5日午後0時すぎ、宮古島市

台風13号の影響で暴風雨にみまわれる宮古島市内=5日午後0時すぎ、宮古島市

台風13号の影響で暴風雨にみまわれる宮古島市内=5日午後0時すぎ、宮古島市 台風13号の影響で暴風雨にみまわれる宮古島市内=5日午後0時すぎ、宮古島市

 沖縄電力によると、宮古島市で午後0時56分までに1万9690戸と、約9割の世帯での大規模停電となっている。台風13号は、同日昼すぎにかけて宮古島地方を通過する見込みで、沖縄本島と久米島では5日夜のはじめ頃から6日明け方にかけて暴風の可能性がある。

 先島諸島と沖縄本島地方では暴風やうねりを伴った高波、高潮に注意が必要。

 県教育庁によると、台風13号の接近に伴い5日早朝に宮古島地方や石垣市、竹富町の公立幼稚園、小中学校、県立高校、特別支援学校の臨時休校を決定している。