非常に強い台風13号の直撃から一夜明けた6日、住民らは朝早くから自宅周辺の後片付けに追われた。台風の影響で5人が軽傷を負ったほか、市内各地で樹木や電柱の倒壊などの被害も出ている。

横転した車。風であおられたと見られる=6日午前8時ごろ、宮古島市平良西里

ガラス片などの作業に追われた「島の駅みやこ」のスタッフたち=6日午前9時25分ごろ、宮古島市平良久貝

横転した車。風であおられたと見られる=6日午前8時ごろ、宮古島市平良西里 ガラス片などの作業に追われた「島の駅みやこ」のスタッフたち=6日午前9時25分ごろ、宮古島市平良久貝

 宮古島市消防署によると、5日午後3時5分ごろ、市下地洲鎌の64歳女性が飛んできたエアコンの室外機に当たり左足を負傷した。

 宮古島市でも被害の情報収集を急いでいる。市城辺では床下浸水2件があったほか、市平良下里の店舗の屋上からプレハブが落ちて崩壊し、下地庁舎のホールが崩落したなどの被害が明らかになっている。

 台風でテラス席そばのガラス10枚が割れる被害が出た市平良久貝の「島の駅みやこ」では、職員らがガラス片などの片付けに追われた。島の駅の小西健太リーダーは「今日中にでもガラスを取りつける作業まで終えたい」と述べた。