胃心地いいね

フランス料理店オーナーシェフが作る豊かな味のカレー 糸満市摩文仁「琉球カレー喜美島南国亭」

2019年9月7日 05:00

 県平和祈念資料館2階から海を望む一角に「琉球カレー喜美島南国亭」がある。2017年から同じ場所で営んでいたフランス(仏)料理店が3日にリニューアルした。オーナーシェフは変わらず上谷喜美夫さん(51)。19歳から料理人の修業を始め、浦添市伊祖で25周年を迎えた仏料理店「ラ・ミロワール」の主。豊見城市豊崎の店に続き、腕前を見せる3店目になる。

フランス料理仕込みの味わい豊かな「県産ナスと挽き肉カレー」

海が見える「琉球カレー喜美島南国亭」で、オーナーシェフの上谷喜美夫さんと、みち代さん夫妻=3日、糸満市摩文仁

琉球カレー喜美島南国亭

フランス料理仕込みの味わい豊かな「県産ナスと挽き肉カレー」 海が見える「琉球カレー喜美島南国亭」で、オーナーシェフの上谷喜美夫さんと、みち代さん夫妻=3日、糸満市摩文仁 琉球カレー喜美島南国亭

 看板料理は、店名通り10種のカレー。お薦めメニューの一つが「県産ナスと挽き肉カレー」(税別1200円)だ。ルーを口に運ぶと、調和の取れた甘みと酸味が広がる。ひき肉のうまみが舌の上に味を引き留めると、抑えの効いた辛みが立ち上がる。朝取りナスのみずみずしさや砕いたアーモンドで食感に多彩さも加えてスプーンを止めさせない。さくさくした衣とジューシーさを味わえるトンカツ200グラムの「琉球紅豚カツカレー」(同2千円)も自慢という。

 豊かな味のリレーは、手間暇の掛かる仕込みがあってこそ成立する。一緒に店を切り盛りする妻のみち代さん(47)によると糸満産を中心に無農薬のタマネギ、トマト、キャベツや隠し味のバナナなどを下ごしらえした後、煮込み続けて1日半。ペースト状にした後、子牛の骨肉などを焼いて18時間煮た仏式のだし、フォン・ド・ボーを合わせ、半日なじませるとルーになる。

 上谷さん夫妻は、貧しさなどに苦しむ子たちを雇い入れて手に職を付ける後押しをしており、仏料理以外に学べるメニューの幅を広げたいと糸満店をリニューアルした。みち代さんは「皆、カレーの食べ歩きなどで研究熱心。和やかに会食を楽しめる場にしたい」とほほ笑んだ。(南部報道部・堀川幸太郎)

 【お店データ】糸満市摩文仁614の1、県平和祈念資料館2階。営業は午前11時~午後5時。月曜定休。32席で平和祈念公園内に駐車場。電話098(997)5231。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。