沖縄タイムス+プラス プレミアム

県調査の震度6弱 合理的な想定 新基地の耐震性で識者の見方

2019年9月7日 16:00有料

立石雅昭氏(新潟大名誉教授) 防衛省が辺野古で起きる地震の震度を4と想定するのは、あまりにも過小な評価だ。辺野古には二つの断層があり、どちらかで地震が起きた場合は震度7となることもあり得る。ただ、直下型が起きないとしても一般的な地震の想定として震度4はあり得ず、最低でも6弱を予測するべきだ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング