沖縄タイムス+プラス ニュース

防衛幹部「建設ありき いけないのか」 辺野古の新基地 軟弱地盤の改良に向けた有識者会議設置で

2019年9月7日 17:00

 防衛省幹部は6日、名護市辺野古の新基地建設を巡る軟弱地盤の改良工事に向けて設置した有識者会議に「建設ありき」との指摘があることに「移設工事は決まっていて、意見をいただくのに、建設ありきではいけないのか」と述べた。有識者会議が工事を進めるための追認機関という本音を、赤裸々に語った格好だ。

(資料写真)辺野古沿岸部への土砂投入。護岸で囲まれた海域への埋め立てが進んでいる

 岩屋毅防衛相はこれまで、有識者会議の位置付けを「専門家の知見を得ることは非常に重要だ」などと述べてきた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間