琉球大学とウェブシステム開発などを手掛けるシーポイント(静岡県、野澤浩樹代表)は6日、数センチ単位で位置情報をリアルタイムに測位できる「高精度測位(RTK-GNSS)」システムの本島内での運用を始めたと発表した。詳細な位置情報を基に、自動運転技術や、市場分析、防災など幅広い分野へ応用することができる。県や沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)は同システムを活用する企業を募り、IT産業の発展を図る。

高精度測位システムの仕組み

 シーポイントによると、現在の衛星利用測位システム(GPS)などの精度は利用者の数メートル圏内にとどまっている。高精度測位システムは、複数の人工衛星から位置情報を収集することで、数センチ単位の詳細な位置情報を把握することができる。

 大まかな仕組みは、利用者の携帯端末から得た位置情報と、受信アンテナを設置する固定基地局が人工衛星から得た利用者の位置情報を専用のサーバーへ送る。サーバーはそれぞれから得た位置情報を素早く組み合わせて算出し、利用者の携帯端末などへ詳細なデータを送信する。

 同システムを転用することで、畑の形状・面積に合わせて自動運転できるトラクターや、プログラムを基に目的地まで自動で飛行するドローンの開発も可能となる。

 また、携帯端末を基に消費者動向を把握する市場分析のほか、土地の起伏や距離、高度などを測定する測量への活用、潮位の変化を詳細に把握できる防災システム、避難経路の表示などにも応用もできる。

 NTT西日本沖縄支店の協力の下、すでに受信アンテナを設置している琉大のほか、本島内の基地局9カ所にアンテナを設置し、全域をカバーする。県やISCOは同システムを活用したアプリや、自動運転技術を開発・研究する事業者などを国内外から募り、無償で利用できるようにする。

 シーポイントの野澤代表は「県などの協力により、高精度測位システムを無償かつ、広範囲で運用できる環境は世界でもめずらしい。国が目指す高精度測位社会の実現に向けて沖縄が要となってほしい」と期待を込めた。

(写図説明)高精度測位システムの仕組み