沖縄通信ネットワーク(OTNet・那覇市、仲地正和社長)とオーシーシー(OCC・浦添市、天久進社長)は10月から、本部町水納島で、IoT(モノのインターネット)技術を活用して水道の自動遠隔検針を始める。