日本銀行那覇支店(桑原康二支店長)は6日、7月分の県内金融経済概況を発表し、県内景気は「全体として拡大している」との判断を72カ月(6年)連続で据え置いた。人口の増加などで個人消費は堅調で、海外クルーズ船の寄港もあり観光は好調、公共投資は底堅く推移していると判断した。