沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)は6日、古い携帯電話の写真やデータを復元するイベント「おもいでケータイ再起動」を同社本社ビルで開いた。初日から多くの来場者が訪れ、思い出の写真に笑顔を見せた。

古い携帯電話から家族写真をプリントした大城博子さん=6日、那覇市の沖縄セルラー本社ビル

 古くなって起動できなくなった携帯電話を特殊な機器で再起動させ、思い出とともによみがえらせる人気イベント。au以外の携帯も受け入れている。水没や激しい損傷など状態によっては、復元できない場合もある。

 豊見城市から来場した大城博子さん(49)は、15年前の携帯など6台を持参した。復元できた携帯から、悩んで1枚をプリント。大城さんは「10年前の家族写真を選んだ。他の写真も自分でプリントしようと思う」と笑顔で話した。

 同イベントは参加無料で、8日まで。午前11時~午後5時。