沖縄県企画部は6日、2019年4~6月期の県経済動向を発表した。観光や個人消費、雇用情勢が好調に推移していることから27期連続で「景気は拡大している」と判断した。 入域観光客数は、前年同期より3・3%増加。国内客は、ゴールデンウイークなどによる旅行需要の高まりなどで8・2%増えた。