【豊見城】豊見城市が、2020年度に予定していた市立中央図書館の指定管理者制度導入を白紙撤回する方針であることが9日、沖縄タイムスの取材で分かった。市は、市議会3月定例会で可決された19年度一般会計当初予算に計上していた関連予算5億円を廃止する補正予算案を、10日開会する9月定例会に提出する。