宮古島市の不法投棄ごみ撤去事業を巡り、市が住民訴訟を起こした市民6人に名誉を毀損(きそん)されたとして損害賠償訴訟を起こす考えを示している問題で、提訴のため市議会に提案した議案書に、原告が「宮古島市長 下地敏彦」と記載されている。