沖縄県沖縄市の給食センターで8月下旬から今月5日にかけて、給食への異物混入や混入の恐れがある事案が3件発生したことを受け、桑江朝千夫沖縄市長が12日午前、同日開会の市議会定例会で「市民や児童・生徒の皆さまにご心配やご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げます」と初めて謝罪した。

桑江朝千夫市長

 桑江市長は「原因究明に取り組むとともに、安全安心な給食の提供ができるよう、あらためて衛生管理の徹底や再発防止に努める」と述べた。