沖縄タイムス+プラス ニュース

熱帯低気圧 24時間以内に台風16号に 連休中に影響も

2019年9月12日 13:21

 気象庁によると、フィリピンの東にある熱帯低気圧が今後24時間以内に台風16号へ発達する見込み。沖縄気象台は、13日中には台風になるとみている。今後、北上してこれば、沖縄地方では連休の15日以降に影響が出てくると予想している。

フィリピンの東にある熱帯低気圧(気象庁のHPより)

 熱低は12日午前9時には、北緯17.3度、東経135.1度にあり、時速約20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカルで、最大風速15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 今後の針路はいまのところ見通せず、沖縄地方に向かってくる場合は、15日以降に悪天候となる可能性がある。現時点の15日以降の沖縄本島地方は、曇りや一時雨の予報となっている。
 

きょう9月21日の電子新聞を無料公開

台風17号の影響で、一部地域で新聞の配達遅れが予想されます。不便をお掛けしますが、ご了承ください。また、通常は有料会員限定の電子新聞を21日付は無料公開します。>>電子新聞を読む

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目トピックス