気象庁によると、フィリピンの東にある熱帯低気圧が今後24時間以内に台風16号へ発達する見込み。沖縄気象台は、13日中には台風になるとみている。今後、北上してこれば、沖縄地方では連休の15日以降に影響が出てくると予想している。

フィリピンの東にある熱帯低気圧(気象庁のHPより)

 熱低は12日午前9時には、北緯17.3度、東経135.1度にあり、時速約20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカルで、最大風速15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 今後の針路はいまのところ見通せず、沖縄地方に向かってくる場合は、15日以降に悪天候となる可能性がある。現時点の15日以降の沖縄本島地方は、曇りや一時雨の予報となっている。