沖縄県八重瀬町東風平で工事中に見つかった米国製5インチ艦砲弾1発が13日、不発弾処理される。避難半径は88メートルで避難対象世帯はない。午前9時半に周辺の交通規制と避難誘導、同10時に処理を始める。正午ごろ終了見込み。避難所は八重瀬町役場1階ホール。現地対策本部は東風平運動公園多目的広場に置く。

不発弾処理の避難対象図