県は11日、学生にアカデミックハラスメントをしたとして、県立芸術大学の教授を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。大学は被害者が特定される恐れがあるとして、教授の氏名や性別などを明らかにしていない。  大学によると、教授は特定の学生に能力を否定するような発言をしたという。