【シドニー共同】オーストラリアの最大都市シドニーで12日、日本酒の販売を促進するためのイベントが開かれ、レストラン業者らが日本各地の酒の試飲を楽しんだ。日本からは岩手県二戸市の酒造会社「南部美人」の久慈浩介社長(47)が参加し、東京五輪・パラリンピックの関連行事での乾杯用に開発した発泡清酒「あわさけスパークリング」を紹介した。

 オーストラリア・シドニーで開かれた日本酒販売促進イベントの試飲会=12日(共同)

 イベントは在シドニー日本総領事館などが主催。日本酒がテーマで久慈社長も出演したドキュメンタリー映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」が上映された後、輸入業者8社が25種類以上の日本酒を提供する試飲会が行われた。(共同通信)