内閣府は12日、台風15号に伴う大規模停電で、千葉県の市原市や君津市など41市町村に災害救助法が適用されたと発表した。国と県が市町村に代わって避難所の運営などの費用を負担する。(共同通信)