共同通信 ニュース

ラグビーW杯のホイッスル日本に 英から2万キロ、開幕戦で使用

2019年9月12日 20:26

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開幕戦となる、20日の日本―ロシア戦でレフェリーの使用するホイッスルが12日、英国から自転車で2万キロ以上を走り抜けた南アフリカ出身の冒険家ロン・ラトランドさん(45)らラグビー経験者2人の手で日本に届けられた。

 ラグビーW杯の開幕戦でレフェリーが使用するホイッスルを手にするロン・ラトランドさん(左)とジェームズ・オーエンズさん=12日、大阪市内

 中国・上海からの船で大阪市住之江区のフェリーターミナルに到着したのは、ラトランドさんと香港出身のジェームズ・オーエンズさん(28)。ラトランドさんは「厳しい日程の中、たどり着けたことにほっとしている。苦しさと楽しさの混じった気分だ」と話した。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目トピックス