沖縄県内でインフルエンザが流行する中、一般的に外来診療をしていない夜間・休日に、不要不急の症状で救急病院を受診する患者の増加が懸念されている。特に感染が拡大している那覇市保健所は「救急病院に患者が集中すると、緊急を要する患者の対応が遅れる危険がある」と呼び掛ける。