沖縄都市モノレール(那覇市、美里義雅社長)は13日、10月1日に開業する那覇市と浦添市を結ぶ延伸部分(4・1キロメートル)と新4駅(石嶺駅、経塚駅、浦添前田駅、てだこ浦西駅)を報道関係者向けに公開する、試乗会を開いた=写真、喜屋武綾菜撮影。

経塚駅から石嶺駅に向けて運行する沖縄都市モノレール車内=13日、浦添市(喜屋武綾菜撮影)

 首里駅を浦添向けに出発し、浦添市の街並みや、浦添城跡などの名所を眺めながら、終点のてだこ浦西駅までの各駅を2分間隔で往復した。

 新駅は駅舎のある各地域の特徴に合わせたデザインになっている。駅ごとにテーマ曲があり、石嶺駅は「ちょんちょんキジムナー」、経塚駅は「はべら節」、浦添前田駅は「めでたい節」、てだこ浦西駅は「ヒヤミカチ節」が到着時に、車内で流れる。