沖縄タイムス+プラス プレミアム

民意無視する辺野古の新基地建設 憲法の地方自治原則に違反

2019年9月15日 18:30有料

「関与取り消し訴訟」の焦点 稲正樹(国際基督教大学平和研究所顧問) 名護市辺野古の新基地建設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決を違法として、県が国を相手に提起した「国の関与取り消し訴訟」で、玉城デニー知事は18日、意見陳述に立つ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間