女性の遺体が見つかった恩納村の雑木林には事件から40日を過ぎた今でも、花束が手向けられている。浦添市の50代女性に声をかけると「安全な沖縄をつくってやれなかった。私たちの責任」と涙した。多くの人が事件を自分のことのように感じ、傷ついている。