県内で、運転中に携帯電話やスマートフォンなどを使用する「ながら運転」の摘発数が2018年に1万7825件となり、09年の1万4776件から約2割増加していることが14日までに県警のまとめで分かった。 県警交通指導課によると、県内のながら運転摘発数は09年からほぼ右肩上がりに増加。