沖縄県警は13日、本島中南部の路上で面識のない女性6人の胸や尻などを触るわいせつ行為(未遂1件含む)をしたとして、住所不定の会社員(24)を強制わいせつ容疑で逮捕、送検したと発表した。那覇地検は同日付で起訴した。

(資料写真)パトカー

 県警捜査1課によると、容疑者は4月25日~7月9日の深夜・未明に、那覇、浦添、宜野湾市の路上を一人で歩く10~40代の女性の背後から近づき、着衣の上から胸や尻を触るなどした疑い。容疑を認めているという。

 調べに対し余罪も認めたため、県警は2度再逮捕、他3件の被疑事実については追送致した。