沖縄バスは24日から、平日(月〜金曜日)の与那城線(80番)と急行バス屋慶名線(777番)を減便するダイヤ改正を、14日までに発表した。運転手不足などが原因とみられる。

 減便の対象は、与那城線が那覇バスターミナルを午後2時17分と7時52分に出発する2便に加えて、屋慶名バスターミナルを午前11時40分に出発する便の計3便。急行バス屋慶名線は、屋慶名バスターミナルを午後4時55分に出発する1便が減便となる。

 また、月〜土曜日に那覇バスターミナルを午後6時35分に出発する屋慶名線(27番)を、与那城線(80番)に路線変更する。

 屋慶名区の森根隆自治会長は「バスは通学などで、地域住民の足となっている。都市部と比べたら利用者は少ないかもしれないが、困る人は必ずいる」と懸念を示した。