運転免許更新者を対象にした沖縄県の飲酒調査が15日、豊見城市の県警運転免許センターなど本島内の3カ所で始まった。3カ月間で約3万7千人を想定する初の大規模調査。アルコール依存症のリスクが高い約2800人にはモニター協力を求め、節酒カレンダーの活用など行動変化につなげる狙いもある。