【東京】「ハイサイおじさん」「花」などのヒット曲を持つ歌手の喜納昌吉が4日、39年ぶりの新曲「富士山(ふじやま)Japan(ジャパン)」(夢レコード)の発表会を都内で開いた。喜納が作曲し、石川さゆりの「沈丁花(じんちょうげ)」などを手掛けた東海林良が作詞した。

喜納昌吉

 日本の自然の美しさや親子愛など、日本人の心を歌い上げている。喜納は「富士山は日本のアイデンティティーの象徴。歌えば歌うほど好きになる。不安定な世界で、日本の魂が求められている」と語った。

 東海林は「哀愁のあるメロディー。日本の歌を世界にアピールしてほしい」と話した。CDには「花」の令和バージョンも収録している。