JAおきなわは17日、生食用パイナップルの2019年度出荷量が前年度比10%増の116万3145玉となり、組合員からの買い取りを本格化させた13年度以降、過去最高となったと発表した。個人で販売するよりも安定価格で買い取ってもらえるJAを利用する組合員が増えた。