気象庁によると大型の台風17号(ターファー)は20日午前6時、宮古島の南東約280キロにあって、時速10キロで西に進んでいる。今後、発達しながら北上し、宮古島21日未明から明け方にかけて、本島地方は同日朝から昼前にかけて最接近する恐れがある。沖縄気象台によると、暴風域を伴う可能性は低いという。

「台風17号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)」

台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

「台風17号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)」 台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

 沖縄本島地方は台風の東側に位置し、気圧の傾きが大きいことも要因となり、19日から強い風が吹いている。21日は最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートルの暴風となる見込み。21日午前6時から22日6時までの24時間雨量は最大200ミリの警報級の大雨となる恐れがある。 

 中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心から半径650キロ以内は風速15メートル以上の強風域。今後の進路によっては先島諸島と大東島地方も暴風となる見込み。


 

高波
予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
         20日     21日
 沖縄本島地方  6メートル   9メートル
 先島諸島    6メートル   6メートル
 大東島地方   6メートル   6メートル

暴風
 予想される最大風速(最大瞬間風速)
 20日        
 沖縄本島地方  17メートル(25メートル)
 先島諸島    20メートル(30メートル)
 大東島地方   20メートル(30メートル)
 21日       
 沖縄本島地方  25メートル(35メートル)
 先島諸島    23メートル(35メートル)
 大東島地方   20メートル(30メートル)

大雨
20日6時から21日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
沖縄本島地方  120ミリ
先島諸島    120ミリ
21日6時から22日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
沖縄本島地方  100から200ミリ
先島諸島    100から150ミリ

提供:台風17号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)