気象庁によると大型の台風17号(ターファー)は20日午前9時、宮古島の南東約280キロにあって、時速10キロで西北西に進んでいる。沖縄気象台によると、宮古島地方は20日午後9時以降に暴風域に入る恐れがある。台風は今後、発達しながら北上し、先島諸島は21日未明から明け方にかけて、本島地方は同日朝から昼前にかけて最接近する見込み。

「台風17号、20日午前11時の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)」

台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

「台風17号、20日午前11時の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)」 台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

 沖縄気象台によると、台風と高気圧の間の気圧の傾きが大きく、沖縄地方では台風の暴風域に入っていなくても風速25メートル以上の暴風となる恐れがあるという。暴風警報の発表は、宮古島地方で20日夕方、本島地方で21日未明の予定。

 本島地方と先島諸島では、22日にかけて警報級の大雨となる恐れがある。 

 中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心から半径650キロ以内は風速15メートル以上の強風となっている。