共同通信 ニュース

立民・国民との会派合流を了承 社保、一部議員は慎重

2019年9月20日 18:56

 野田佳彦前首相が代表を務める衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」は20日、総会を国会内で開き、立憲民主、国民民主両党との会派合流を正式に了承した。新会派の名称に「社保」が盛り込まれた点を評価する意見が相次いだ。ただ、一部は合流に慎重な姿勢を示しており、所属する8人全員が参加するかは見通せていない。

 記者団の取材に応じる野田前首相=20日午後、国会

 総会後、野田氏は新会派について「意思疎通やチームワークが大事だ。器ができたばかりだが、中身を丁寧につくらないといけない」と記者団に強調した。メンバー全員の合流に関しては「望んでいるが、手続きを見ながらの判断もある」と説明した。(共同通信)

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間