沖縄県内の地価は、県内景気の拡大を背景に6年連続で上昇した。低金利環境を追い風に、観光客や人口増を見据えた投資マネーが流入し、伸び率は全国一の7・9%となった。ただ、実際の不動産売買取引ではそれを上回る水準で高騰している物件もあり、不動産業者からは過熱気味だと指摘する声も。