大型の台風17号は21日午前0時現在、宮古島の東約140キロにあり、沖縄県内全域を強風域に巻き込みながら時速25キロで北西に進んだ。21日明け方から昼前にかけて沖縄本島地方と先島地方に最接近する。21日朝から久米島と慶良間・粟国諸島を25メートル以上の暴風に巻き込みながら北上する見通し。

台風の進路予想図(気象庁HPより)

台風の予想接近時間

台風の進路予想図(気象庁HPより) 台風の予想接近時間

 慶良間空港で、21日午前0時8分に最大瞬間風速東南東の風35・5メートルを観測した。また午前1時8分、宮古島地方に続いて沖縄本島地方(本島中南部、久米島)にも暴風警報が発表された。

 現在の進路予想で本島地方は暴風域に入らないが、台風と高気圧の影響で気圧の傾きが大きいため暴風になる可能性がある。沖縄気象台は沖縄地方でうねりを伴う高波と高潮、低地での浸水に注意を呼び掛けている。

 午前0時現在の中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風、中心から半径650キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 21日の予想最大瞬間風速は宮古島地方40メートル、本島地方と八重山地方35メートル、大東島地方30メートル。22日正午までの24時間雨量は本島地方が200ミリ、先島諸島が150ミリ。

 沖縄関係の空の便は20日、国内・国際線で75便が欠航、少なくとも約8500人に影響した。21日は那覇発着便を中心に193便が欠航、3万2千人余に影響が出る見込み。

 沖縄旅客船協会によると、船便は20日、先島を中心に計219便が欠航した。21日は本島や八重山地区など午前の62便が欠航。午後は天候で判断する。