沖縄近海で急発達して本島地方と宮古島地方を暴風に巻き込んだ台風17号。19日午後3時に熱帯低気圧から台風となり、2日間で中心気圧が970ヘクトパスカルまで下がって暴風域も伴った。沖縄気象台は台風の発達に「二つの高気圧が関係した」と分析する。