沖縄県は20日、韓国で17日に家畜伝染病「アフリカ豚(とん)コレラ」の発生が確認されたことを受け、養豚業者などを集めた対策会議を那覇市内で開いた。県は、中国などからの旅客が持ち込んだソーセージなどから、アフリカ豚コレラのウイルス遺伝子を検出した例がこれまで10例あると報告。