米軍のパラシュート降下訓練を巡り、政府と県の基地負担軽減の姿勢で、すれ違いが鮮明になっている。政府側は悪天候時、嘉手納基地で実施された訓練に周辺自治体の反発が強いことを憂慮。海上で兵員を救出するボートを投入すれば伊江島で実施できると、本部港の使用に理解を求める。