沖縄タイムス+プラス プレミアム

「『では嘉手納で』に戻ってしまう」米軍が本部港使用を求める内情 訓練激化する伊江島、くすぶる懸念

2019年9月22日 18:34

 米軍のパラシュート降下訓練を巡り、政府と県の基地負担軽減の姿勢で、すれ違いが鮮明になっている。政府側は悪天候時、嘉手納基地で実施された訓練に周辺自治体の反発が強いことを憂慮。海上で兵員を救出するボートを投入すれば伊江島で実施できると、本部港の使用に理解を求める。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間