沖縄タイムス+プラス プレミアム

「県が古くなった基準を採用しているのは疑問だ」 英国人ジャーナリスト、基地汚染の実態を報告

2019年9月22日 19:07有料

 英国人ジャーナリストで沖縄タイムス特約通信員のジョン・ミッチェルさん(44)が19日、那覇市内で講演し、米軍基地周辺の有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)汚染の実態を報告した。米国に併存する複数の基準のうち、県が厳しい方を採用することを提唱した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間