人体に有害とされる有機フッ素化合物が北谷浄水場の水源から検出された問題で、沖縄県企業局は10日、取水源の見直しを求めた宜野湾市上下水道局に対し、見直しをせずに浄化装置の改善などで対応する方針を文書で示した。