宮古島市の下地敏彦市長は、ごみ撤去事業を巡り市が市民を提訴する議案について「今議会で再提出する考えはない」と述べ、25日までの再提出を見送る方針を示した。だが、今後については「原告側がどう対応をするか、行動を注視し対処する」とも述べ、再提出の可能性も示唆。