沖縄タイムス+プラス ニュース

【記者の視点】「差別する自由」など存在しない

2019年9月26日 06:22有料

 神奈川新聞の石橋学記者を名誉毀損(きそん)で訴えた川崎市議選の元候補者、佐久間吾一氏は「差別する自由」を求めているように見える。 表向き、差別の意図は否定する。しかし、提訴で自ら焦点を当てた「コリア系が占拠」演説自体、市から差別的言動をしないよう警告された上で借りた公共施設で述べている。

SNSから見える沖縄幻想のメディア

高文研
売り上げランキング:38,832
連載・コラム
記事を検索