沖縄県内路線バスの減便で、うるま市の県立中部農林高校定時制(夜間)に通う生徒の通学に影響が出ている。下校時に利用できるバスがなくなり、一部の生徒が授業終了前に帰宅せざるを得ない事態になっている。さらに来月から同校前を通る2系統のバスの最終便が20~30分ほど早まる予定。