沖縄タイムス+プラス ニュース

玉城デニー知事、2度目の訪米へ 10月14日から 新基地反対の民意伝達へ

2019年9月26日 13:00

 県基地対策課は25日、名護市辺野古の新基地建設に反対する沖縄の民意を米国世論に伝えるため、玉城デニー知事が10月14日から20日の日程で訪米すると発表した。玉城知事の訪米は昨年11月以来、就任して2度目となる。

(資料写真)玉城デニー知事

 今回の訪米は、米連邦議会が2020米会計年度の国防権限法案で「インド・太平洋地域における米軍の分散配置の再検証」を国防総省に求める条項を盛り込んだことを受けて計画。玉城知事は「在沖海兵隊の国外移転の見直しの中に、普天間飛行場を辺野古へ移設する計画も組み入れるよう訴えたい」としており、ワシントンで連邦議員や米政府関係者との面談を調整。 サンフランシスコを訪れ、有識者との面談も検討している。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間