南西地域産業活性化センター(NIAC)は25日、沖縄の出生率が全国一高い要因について、2015年の国勢調査のデータを基に分析した結果を発表した。沖縄は全国と比べ、有配偶出生率(結婚している女性の出生割合)が高く、また有配偶率(結婚している女性の割合)が若年齢層で高いことが寄与していると分析。