安倍晋三首相とトランプ大統領が26日、米国産の牛、豚肉を環太平洋連携協定(TPP)水準まで関税を引き下げる貿易協定に最終合意したことを受け、県内の畜産業界には安価な輸入肉の増加で競争がさらに激化する懸念が広がる。養豚業界は「牛肉が豚肉のシェアを奪うのではないか」と県内の畜産業界内の競合を恐れる。