10月の消費増税に向け、県内の飲食や小売り事業所が値札の貼り替えや店舗設備の更新、複数税率対応レジの購入などの準備を急ピッチで進めている。一部の飲食料品を除き税率が10%に引き上げられるため店舗運営にかかる経費が上がる一方で、消費控えを懸念して販売価格を据え置く事業所も。