糸満署は26日、本島南部の小学校教頭(56)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。「酒が残っているとは考えていなかった」と容疑を否認しているという。呼気からは基準値2倍未満のアルコールが検出された。 逮捕容疑は26日午前6時10分ごろ、県道7号で酒気を帯びた状態で軽自動車を運転した疑い。