豊見城署は26日、路上を歩く女子高生の背後から抱き付きわいせつな行為をしたとして、陸上自衛隊那覇駐屯地所属の1等陸士の男(19)を強制わいせつの疑いで逮捕した。「抱き付いたがわいせつ行為はしていない」などと一部容疑を否認している。

 逮捕容疑は9日午後7時10分ごろ、那覇市の路上で面識のない女子高生に抱き付き、着衣の上から胸を触るなどした疑い。

 陸自那覇駐屯地広報によると発生当時、同陸士は休暇中だった。「被害に遭われた方におわび申し上げる。捜査に全面協力し、再発防止に努めたい」とコメントした。