宜野湾市議会の9月定例会は27日、米軍普天間飛行場の移設先を巡る二つの意見書で揺れた。市民の安全を最重視し辺野古促進へ踏み込むか、民意を尊重して県内移設反対を貫くか。満席の傍聴席から双方にヤジと拍手が送られる中、中立は割れ、公明は退席した。